中山忠能【今上天皇の直系祖先】

今上天皇の直系祖先

中山忠能の基本情報

中山忠能中山 忠能(なかやま ただやす)は、江戸時代末期から明治時代前期にかけての公家政治家である。明治政府の議定。 ─ 中山忠能」『ウィキペディア日本語版』(2019-03-27 17:00:46 UTC更新版)より

中山忠能は今上天皇の直系祖先です。本ページでは、中山忠能から今上天皇に至るまでの系譜を掲載しています。「今上天皇の直系祖先まとめ(3000人以上)」とあわせてご覧ください。

生誕: 1809年12月17日
死没: 1888年6月12日

中山忠能までの系譜

曽祖父:
中山愛親
祖父:
中山忠尹
父:
中山忠頼
中山忠能
曾祖母:
曽祖父:
三条実顕
祖母:
三条実顕の娘
曾祖母:
曽祖父:
正親町三条公積
祖父:
正親町三条実同
母:
正親町三条綱子
曾祖母:
三条西公福の娘
曽祖父:
祖母:
曾祖母:

中山忠能から今上天皇までの系譜

系譜1

中山忠能 ┬
中山愛子 ┘
─ 中山慶子 ┬
孝明天皇 ┘
─ 明治天皇 ┬
柳原愛子 ┘
─ 大正天皇 ┬
貞明皇后 ┘
─ 昭和天皇 ┬
香淳皇后 ┘
─── 上皇(明仁) ┬
上皇后(美智子) ┘

今上天皇の直系祖先まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました