スポンサーリンク

滋野井公澄【今上天皇の直系祖先】

今上天皇の直系祖先
スポンサーリンク

滋野井公澄の基本情報

滋野井 公澄(しげのい きんすみ)は、江戸時代中期の公卿高倉永敦の末子。初名は兼成。号は五松軒。法号は良覚。子に滋野井実全正親町三条実彦、娘(堀河冬輔室)、直子(京極宮文仁親王室)。 ─ 滋野井公澄」『ウィキペディア日本語版』(2019-04-03 08:09:38 UTC更新版)より

滋野井公澄は今上天皇の直系祖先です。本ページでは、滋野井公澄から今上天皇に至るまでの系譜を掲載しています。「今上天皇の直系祖先まとめ(3000人以上)」とあわせてご覧ください。

生誕: 1671年1月2日
死没: 1756年8月20日

滋野井公澄までの系譜

曽祖父:
高倉永孝
祖父:
高倉永慶
父:
高倉永敦
滋野井公澄
曾祖母:
三条西実枝の娘
曽祖父:
佐竹義重(十八代当主)
祖母:
佐竹義重(十八代当主)の娘
曾祖母:
曽祖父:
祖父:
母:
曾祖母:
曽祖父:
祖母:
曾祖母:

滋野井公澄から今上天皇までの系譜

系譜1

滋野井公澄 ┬
甘露寺方長の娘 ┘
─ 正親町三条実彦 ─
 
─ 正親町三条実同 ─
 
─ 正親町三条綱子 ┬
中山忠頼 ┘
─ 中山忠能 ┬
中山愛子 ┘
─ 中山慶子 ┬
孝明天皇 ┘
─ 明治天皇 ┬
柳原愛子 ┘
─ 大正天皇 ┬
貞明皇后 ┘
─ 昭和天皇 ┬
香淳皇后 ┘
─── 上皇(明仁) ┬
上皇后(美智子) ┘

今上天皇の直系祖先まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました