勧修寺婧子【今上天皇の直系祖先】

今上天皇の直系祖先

勧修寺婧子の基本情報

光格天皇の妻
勧修寺経逸の娘

勧修寺 婧子(かじゅうじ ただこ、安永9年11月6日1780年12月1日) – 天保14年3月21日1843年4月20日))は、光格天皇典侍で、仁孝天皇の生母。 ─ 勧修寺ただ子」『ウィキペディア日本語版』(2019-04-09 11:28:17 UTC更新版)より

勧修寺婧子は今上天皇の直系祖先です。本ページでは、勧修寺婧子から今上天皇に至るまでの系譜を掲載しています。「今上天皇の直系祖先まとめ(3000人以上)」とあわせてご覧ください。

生誕: 1780年12月1日
死没: 1843年4月20日

勧修寺婧子までの系譜

曽祖父:
勧修寺高顕
祖父:
勧修寺顕道
父:
勧修寺経逸
勧修寺婧子
曾祖母:
曽祖父:
稲葉恒通
祖母:
稲葉恒通の娘
曾祖母:
(玉井氏?)
曽祖父:
池田仲央
祖父:
池田仲庸
母:
池田数計子
曾祖母:
(五月氏)
曽祖父:
祖母:
曾祖母:

勧修寺婧子から今上天皇までの系譜

系譜1

勧修寺婧子 ┬
光格天皇 ┘
── 仁孝天皇 ┬
正親町雅子 ┘
─ 孝明天皇 ┬
中山慶子 ┘
─ 明治天皇 ┬
柳原愛子 ┘
─ 大正天皇 ┬
貞明皇后 ┘
─ 昭和天皇 ┬
香淳皇后 ┘
─── 上皇(明仁) ┬
上皇后(美智子) ┘

今上天皇の直系祖先まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました