スポンサーリンク

「麒麟がくる」主人公の明智光秀は天皇陛下のご先祖です

大河ドラマ登場人物

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」主人公の明智光秀は、天皇陛下のご先祖です。このページでは、明智光秀から陛下までの系図と、関連するページへのリンクを掲載しています。各ページの系図を見れば、明智光秀から現代の皇室までどのように血が受け継がれてきたかが、すべて分かるはずです。

スポンサーリンク

明智光秀から陛下までのつながりは?

「本能寺の変」で織田信長を討ったあと、「山崎の戦い」で豊臣秀吉に敗れて命を落とした光秀ですが、意外にもその血は皇室へと伝わっています。
これは、光秀の娘「玉」が有力大名であった細川忠興の正妻となり、さらにその子孫が公家に嫁ぎ、その中から天皇の生母となる人物があらわれたためです。

なお、光秀の娘「玉」は洗礼をうけてキリシタンとなったため、「細川ガラシャ」という名前で広く知られています。また、細川忠興は「麒麟がくる」に序盤から登場する細川藤孝(幽斎)の息子です。物語が進めば、「ガラシャ」と「忠興」の2人も登場する可能性は高いでしょう。

光秀から陛下までの系図は何通りかあります。以下は、ガラシャの娘で稲葉一通(「麒麟がくる」にも登場する稲葉良通のひ孫)の正室となった「多羅」を経て陛下へとつながる系図です。

明智光秀 ┬
妻木煕子? ┘
細川ガラシャ
細川忠興
─── 多羅
稲葉一通
─── 稲葉信通
織田信良の娘
稲葉知通
溝口かい
─── 稲葉恒通
(玉井氏?) ┘
勧修寺経逸
池田数計子
勧修寺婧子
光格天皇
── 仁孝天皇
正親町雅子
孝明天皇
中山慶子
明治天皇
柳原愛子
大正天皇
貞明皇后
昭和天皇
香淳皇后

このように、光秀の血は稲葉家から勧修寺家を経て、皇室へも受け継がれています。他にも、細川忠興とガラシャの長男、細川忠隆から皇室へとつながる系譜もあります。詳しくは、以下のページからリンクをたどって確認してみてください。

明智光秀【今上天皇の直系祖先】
明智光秀は今上天皇の直系祖先です。本サイトでは、今上天皇の直系祖先とされる歴史上の人物の一覧(3000名以上)と、各人物から今上天皇に至るまでの系譜を掲載しています。

明智光秀が討った織田信長も陛下のご先祖

明智光秀は「本能寺の変で織田信長を討った武将」として有名ですが、その織田信長の血も皇室へと受け継がれています。織田信長から陛下までの系図については、以下の記事を参照してください。

織田信長【今上天皇の直系祖先】
織田信長は今上天皇の直系祖先です。本サイトでは、今上天皇の直系祖先とされる歴史上の人物の一覧(3000名以上)と、各人物から今上天皇に至るまでの系譜を掲載しています。

上記の明智光秀から陛下までの系図と見比べれば、「稲葉知通」は光秀と信長、両方の玄孫(孫の孫)であることが分かります。命のやりとりをした人物の血が、時代を経てあわさり、皇室へと受け継がれているわけです。

「麒麟がくる」に登場する天皇陛下のご先祖まとめ

「麒麟がくる」の登場人物のうち、以下の方々が天皇陛下のご先祖にあたります。リンク先を開いて系譜を見比べれば、どの登場人物の血が、どのようにあわさって現代まで受け継がれたのか分かるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました